過払い金の返還請求や債務整理借金の無料相談・おしなり法律事務所

債務者が抱える悩みは(ほんとうに)切実・・・
取り立てに悩んでいる
・できれば毎月の返済額を減らしたい
・出来れば一度、名前を告げずに匿名で相談したい
・過払い金が発生していれば回収して欲しい
・毎月返済しているけれど、返済がなかなか終わらない
・債務整理をしたいけど、生活に悪影響がでないか心配この(以下の)ような悩みを抱えている方は・・・

【おしなり法律事務所】へぜひお気軽にお問合せ下さい。
法律事務所独自のノウハウと実績で、リスクを最小限に借金の悩みを解決いたします!

↓ ↓ ↓ 詳細はこちらから ↓ ↓ ↓

* 全国対応匿名無料でご相談いただけます。
払いすぎた利息が返ってくる可能性があるかも!?

【おしなり法律事務所】には選ばれている6つの理由があります。
もしあなたが既に、相談される機関やサービスを絞り込んでいるようでしたら、今一度その機関・サービスと【おしなり法律事務所】とを比較してみて下さい。
↓ ↓ ↓ 選ばれている6つの理由 ↓ ↓ ↓

借金問題で実績のある「おしなり法律事務所」

 

お独りで悩まずにぜひお気軽にお声かけ下さい。

過払い金とは、本来なら支払う必要が無いのに、消費者金融、ノンバンクのカードローンやキャッシングで支払い過ぎていたお金の事です。長期にわたり借金の返済を続けている人は、ほとんどのケースで、過払い金が発生している可能性があります。この払いすぎた過払い金により借金を完済したり、減額したりすることもできるのです。是非、法律事務所の専門の弁護士にご相談ください。匿名で無料相談できますので、宜しくお願い致します!

過払い金請求のメリットは借金が現在もまだ残っている人は、借金をもうこれ以上支払う必要がなくなり、場合によっては、逆にお金が戻ってくるのです。

そしてすでに完済している人は信用情報に掲載されることもなく、お金が返ってくるということです。ケースによっては200万円以上返ってくる人もいるので、過払い状態にある人なら絶対に返して欲しいところです。

過払い金の請求は過去に一度和解してしまった場合は、請求することが出来ないので事も有りますのでその点は注意しましょう。

過払い金のような法律的に専門的ケースは、知識が無い本人だけで行おうとするのはかなり難しく、時間がかかってしまいますね。

しかし、法律のプロの弁護士ならすべて任せて大丈夫です。普通に生活していればお金が返ってくるので手間を取りたくない人は弁護士に過払い金請求を依頼してください。

また、知識のない個人で貸金業者と交渉しても、不利な条件で和解されてしまう可能性があるので個人手続きは、避けた方が望ましいです。

弁護士に任せる方が金融業者に有利になる事がないので、より良い条件で請求できる可能性があるので安心です。

Webで相談申込みされた方々の声

 貴方も抱えていませんか?借金のお悩み。解決の糸口はここにあります【杉山事務所】

【おしなり法律事務所】

↓↓↓↓↓↓↓↓

法的手段もあなたに合わせて方法を選択するべきです

任意整理

任意整理とは、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げた後に改めて再計算をして、借金を減額した上で金利を削減し、元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸主と締結するのです。それ以降は和解の内容に従って返済を続けることになるのですが、信用情報に記録は残る為、新たな借入が約5年間できなくなってしまうデメリットは有りますが、裁判所は介さないで、債権者と弁護士が任意交渉をするので手続きか簡単となり、自己破産とは違って官報に掲載されることを避けられるので、第三者に知られる心配はありません。

個人再生

信用情報に記録は残ってしまうので、新たにお金を借入れる事が5年~10年程出来なくなってしまい氏名と住所が、官報という国が発行する機関紙に掲載されてしまうデメリットはありますが、裁判所を介して、借金を総額の1/5に減額できて、その減額された借金を3から5年で支払う事になりますので、住宅ローンの債務が残っている人でも家から出なくて済み、手続きも簡単にできるメリットが有ります。また保証人になっていない限り、他の家族がローンを新たに組めなくなってしまう事もありません。

過払い金返還請求

過払い金とは、キャッシングローンやカードローンなどで、貸金業者に本来払わなくてもいいのに、相手側の違法行為により、払わされてしまった利息の事です。消費者金融会社やクレジット会社の多くは、「グレーゾーン金利」を利用してきます。この利息制ゾーンとは、民事上は無効にもかかわらず刑事罰は科せられない あいまいな利子なので、業者違法を承知でこの。そのゾーン金利を徴収してきました。したがって、長年にわたり借金の返済をしてきた人は、過払い金が発生している可能性が充分に考えれれます。借金を完済できたり減額したりすることが可能が大いに期待できるので、過払い金の返還請求は是非お勧めのでチェックする必要が有ります。返済期間が長い人にとっては過払い金返還請求が該当する場合がありますが、返済期間が短い5年未満の人にとってはこのケースが該当しない事が多々あるのがデメリットですが、専門の弁護士が払いすぎた利息を計算して、過払い金が見つかれば返還請求の手続きを行いお金を取り返してくれます。

自己破産

このケースは多くのデメリットがあり、できれば避けたいケースではあります。そのデメリットは以下の通りとなります。まず、信用情報に記録が残ってしまうので、新規の借金が、5年~10年ほど出来なくなってしまい、氏名や住所が、官報に掲載されます。また一定以上の財産は全て手放すことになってしまい、免責決定を受けるまでの間、士業や警備員などの職業に就職す事ができなくなってしまいます。しかしメリットとしては、今まで重く のしかかっていた 全ての借金をチャラにすることが出来きると共に保証人でない限り、家族が新たにローンを組めなくなると言う心配も有りません。

【おしなり法律事務所】

↓↓↓↓↓↓↓↓

債務相談の事例

大阪市在住Sさん(28歳・男性)の場合

債務整理や自己破産を考えた時に、他人には言いずらい恥ずかしい事なので、友人も相談をする事ができません。むやみに他人に言うべきではないと印象を持っている人が多いのではと思います。自分もそんな様に考えていた人間の一人です。

しかし、ひとりの大人として自己破産や債務整理をしなければならない事態とは大変な状況なので、一人で抱え込んで自分だけで債務処理する事は難しいと判断しました。
それではどうしたら良いのかを考えた時に、ネットで解決方法する方法を考えました。

弁護士さんに債務整理を含めた、借金の相談をしたら、借金が軽減ができる方法がみつかると言う体験談を以前読んだ事があるので、冷静になって考える事ができました。

最初はどのような弁護士さんに相談したら良いのか、分らない点もありましたが、債務整理を専門としている弁護士さんのホームページから、無料相談の依頼をする事にしました。

債務整理は弁護士さんの無料相談を通じて、過払い金の返金をしてもらったので、想像以上の金額が返金されました。
お陰で債務整理をせずに、もう一度立て直すことができたので、本当に安堵感に包まれました。現在は落ち着いて生活を立て直す準備ができました。

【おしなり法律事務所】

↓↓↓↓↓↓↓↓

横浜市在住Yさん(35歳・女性)の場合

いつくかの消費者金融に借金をしていた経験がありました。

借金をする理由は自分自身の趣味で必要以上にお金を使ってしまった事です。ついつい必要のないブランドのバックや靴を買ってしまう癖が有りました。一時的に借り入れをしすぐに返済するつもりが、どんどんと借金が膨らんでしまい、自分でもどうしたら良いのか分らなくなると言う事態になってしまいました。

子供もいるし、簡単には債務整理をする訳にはいかないと思い、両親に頼んでお金を工面してもらう事も考えましたが、両親も高齢になっているので、これ以上、金銭面で負担をかけるわけにはいかないと思いとどまりました。

そんな時にテレビで目にした、過払い金の返還のコマーシャルでした。

弁護士事務所は借金で発生した過払い金の返還について無料相談をしてくれるとの事だったので、
ローンの返済や債務整理について相談する事にしました。

弁護士さんと聞くと、少々敷居が高いイメージがあり相談した経験がありませんでしたし、勇気が有りませんでした。しかしインターネットの無料相談を読んで、過払い金返還ができた場合につき、掛かった料金のお支払いすると言うシステムでしたので、安心して相談ができました。

そして弁護士さんのご指導の元、過払い金の返還に成功しました。

借金問題も解決して、ローン返済もできる見通しが立ち、自己破産もしなくて済んだので、人生に希望が持てました。

【おしなり法律事務所】

↓↓↓↓↓↓↓↓

長野市在住Kさん(42歳・男性)の場合

近頃、借金問題の解決や過払い金の請求のことをネット上やテレビCMなどで目にする事が増えていましたが、半信半疑で手数料だけ奪い取られるような気がしていました。

私も過去に複数のノンバンクから借金をしてきたので、どこかのタイミングで過払い金の請求をして、お金が少しでも戻ってくれば良いなと思ってはいましたが、どこに依頼をして、どんな流れになるのかが分らない為、放置せざるを得ない状況でした。

ネットで調べたところ、過払い金請求が家族に知られずに、弁護士さんに無料相談できると言う事を知り、早速問い合わせをしてみました。

実際の所、まだ借金やローン返済も残っていて、経済的に苦しい状態がずっと続いていたのに、借金の相談できる人も居なかったので、意外にも弁護士さん相談ができました。

後日、弁護士の言う通り無事に過払い金も返済されました。もっと早く弁護士さんに相談をしていればと心底思いました。スムーズでしたし、本当に家族に知られる事もなく、手続きが終了したので、思い切って弁護士事務所に問い合わせをしてみて良かったと思っております。

これで、少々ですが、経済的にも心にも余裕を持つ事ができました。

 

金沢市在住Bさん(21歳・男性)の場合

私は先輩に連れられて行った競馬場でたまたま買った馬券が大当たりして、それ以来競馬にはまってしまいました。そして気が付いた時には収入のほとんどを競馬につぎ込み、やがて、家族や知人に内緒でお金を消費者金融から借りるようになってしまいました。そして借金が膨らみ、返済できずに困っていました。この事を誰にも相談できずにいるうちに、返済額が更に高額になってしまい、元本は返済できずになんとか利子だけが増えてしまう一方でした。

もう借金を返済できない状態に陥ってしまったので、債務整理を考える様になりました。返済方法の仕方や返済額を減らしてみても、完済するのは難しいというケースに私の場合は該当すると感じました。ネットで良く調べてみると、債務整理にはいくつかの種類がある事を知りました。借金額を圧縮して一定期間内に返済する任意整理と、裁判所に申し立てをして、借金そのものを帳消しにする自己破産があります。任意整理の場合はある程度の決まった収入があるとか、資産を売却してお金を作れる人の場合こちらを選んだ方が良さそうです。また、自己破産は収入が極端に少ないとか売却できる物がない人に向いている様です。

しかし自己破産の場合は、申し立ての後免責が下りた時点で借金がなくなるのはメリットはあるのですが、官報に自分の氏名が載ってしまったり、ローンの利用が10年間できなくなったりしまうことを知ったので、私の様にまだ残りの人生が長い場合には特に慎重に判断するべきと考えました。

よって、しっかとした債務整理の専門家に相談する必要があると考え、ネットで調べると、匿名で、無料相談をしてくれるおしなり弁護士事務所を見つけたので、早速そこに相談をしました。弁護士だから威張っているかと思いましたが、その様な事は無く、逆に親切で丁寧な対応をしてもらい無事に解決する事ができました。

 

北九州市在住Ⅿさん(52歳・女性)の場合

私はパチンコ・スロットにハマってしまい、離婚のストレスも有って毎日のように通うようになりました。しかし、使える金額にはもちろん限りがあるので、徐々に生活費も突っ込んでしまう様になり、やがて消費者金融からもにお金を借りてパチンコ・スロットを続けていきました。

勝っている時のイメージが強く、負けが込んでもやがて取り返せると思い、200万円ほどノンバンクから借金をして、それを返済するためにまた新たな消費者金融に手を出すの繰り返しとなってしまいました。

さすがにこれではまずい感じ、インターネットで債務整理の匿名で無料相談をしてくれる弁護士事務所を見つけて過払い金の返済や自己破産などの相談に乗ってもらいました。

オンライン上でのやり取りなので相談も気軽にでき、ずいぶん長く返済してきたため過払い金請求ができるとのことでいくらかお金が戻ってくる手続きも可能との事でした。元々、過払い金の意味すら解っていませんでしたが、借入していたお金の金利が高かったことで過払い金が発生したとのことでした。

当然、弁護士に報酬も支払わなければいけませんが、相談に乗ってもらった結果、債務整理ができたことと、新たなスタートが切れて、とても安堵しました。

【おしなり法律事務所】

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 貴方も抱えていませんか?借金のお悩み。解決の糸口はここにあります【杉山事務所】

タイトルとURLをコピーしました