ペット葬儀。関門海峡での散骨と供養墓制作が評判の葬儀社を紹介。火葬が定着するに至る背景と業者選定における注意点まとめ

ペットのご供養。火葬後のご自宅での49日供養。
メモリアル大洋 はその後の供養として
海への「散骨」と手のひらサイズのお墓「メモリアルクリスタル」
で、あなたの愛犬・愛猫、ペットを心のこもったご供養を提案致します。

↓ ↓ 詳細は ここをクリック ↓ ↓

どんなに可愛がっているペットであっても
必ずお別れの時が来るものです。

それは感覚的にわかっていることではありますが、きっと思考から除外されているはずです。「わが子のように大事にしているペットの死なんて考えたくない。」・・・当然のことです。

今回のパトロール隊 レビューでは、そんな気持ちのスタンスで結構です。心の片隅にでも留めておいて頂けると幸いなところです。もちろん愛犬、愛猫が亡くなってしまい、ペット葬儀の会社をお探しでしたら、すぐに本文をご参考下さい。

ペットのお葬式・お亡くなりになった最愛のペットへ心のこもったご供養を

私たち「商品レビューや評価をする 評判 情報 パトロール隊」は、万が一あなたのペットが亡くなった時の葬儀の際には、お墓の制作、散骨が評判のメモリアル大洋をおすすめします。

ペットのお墓・散骨のご相談は【メモリアル大洋】サイトより画像引用「大切なご遺骨を海に帰す。生命の源である海に帰す。末永く心のこもった供養の為に。」

ペットのお墓・散骨のご相談は メモリアル大洋サイトより画像引用

ペット葬儀・火葬が行われるに至った背景

ご存知でしたか?
動物が亡くなった後の遺体については、法律上は一般廃棄物と同様に扱われるため、保健所などを通して焼いてもらうことが一般的でした。

そして、いざ火葬の際は、「焼却場」で「他の動物たちと一緒にまとめて」行なわれるのです。
ペットも人間と同じく命ある存在です。まるでゴミと一緒に扱われているような行為。皆さんはどのような印象をお持ちになりますか?
法律上、亡くなったペットは「一般廃棄物」と同じ扱いが認められています。しかしモラル的にも倫理的にも違和感を覚えるのは私だけではないことでしょう。しかし少し前までの亡くなったペットへの対応と言えば、これが通常のことでした。これでは供養もなにもあったものではありません。

現代日本は、少子化により子供も数が減少の一途を辿っています。そして、ペットの数は増え続けております。その為、子供の数を上回ったとも言われているほど、ペット数は高水準を誇っています。
そして、犬や猫は人間に比べて遥かに寿命は、当然のことながら短い。その為、「命」を無視した「一般廃棄物」扱い行為は、頻繁に行われてきました。このような背景の中で徐々に広がっていったのがペット火葬です。

ペット葬儀の問題点

ペット火葬の問題点は、法整備がまだまだ不十分であることです。
近年のペットブームに乗って、ペットビジネスも急増。ペット葬儀も例外ではありません。直近10年で同じく急増しました。

2010年、衝撃的な事件が起こりました。それは、「動物の遺体の大量遺棄」。
これは火葬を請け負った業者が、火葬費を「浮かす」ため、引き取った動物をそのまま投棄していたというものです。
当時これはテレビのニュースでも大々的に取り上げられました。
ブームあるところにビジネス有り。グッズや、ペットホテル等の宿泊施設、ドッグラン、猫カフェ等、愛犬、愛猫等、愛するペットと共に送る生活をより豊かに、より便利になるようなのビジネスであれば、まだ理解できることではありますが、このような事件は風上にも置けません。いくらビジネスであったとしても、葬儀というテーマにおいては気を配られるべきことです。、

現在のペット葬儀、特に火葬についての問題は、不十分な法整備。許認可に関しても、自治体によって基準は設けているところもありますが、看板を掲げてしまえばだれでも開業できるような状態は、現在でも継続しております。
悪徳な業者と飼い主とのトラブルも多く報告されているようです。
ペット火葬業者は、どうぞ慎重にお選びください。

ペット葬儀社選びのポイント アドバイス

パトロール隊より一言
パトロール隊より一言

以下は私たちの調査の下、まとめました。何よりも、親身になって相談を受けてくれているかを、以下のポイントを通じて感じ取って頂ければと思います。

  1. 丁寧な対応
    電話やメールなどで問い合わせた際、親切な対応をしてもらえているかが重要
  2. 相談者にとって納得のいく提案
    相談の内容を充分に理解して、それに見合った提案をしてもらえる事が重要です。ご希望の内容の実行に無理がある場合は、代わる提案をしてくれるのか、という点にも着目
  3. 明瞭な料金システムの有無
    提示される総額に不要な内容が含まれていないか。不明な内容があれば、納得ができるまで説明してもらいましょう
  4. 火葬・納骨の施設
    火葬炉は自社所有かどうかは必ずチェックしてください。仲介・ブローカーのようなペット葬儀社があります。納骨をご希望される場合は、納骨の施設の有無も予め確認しておきましょう。
  5. ホームページでの情報発信
    業者のホームページに掲載されている写真が「イメージ画像」ばかりでないかどうかをチェック。実店舗や施設などの写真が表示されていれば良い判断材料になります。

メモリアル大洋のご紹介

ペットがお亡くなりになると、お葬式・火葬、そしてご自宅での49日供養。心がこもった供養をされるかと存じます。四四十九日供養ののち、お亡くなりになったペットの魂が大自然に還ることができ、あなたの手元にはお墓も残るとしたら、一時(いっとき)だけでではない素晴らしいご供養を続けられると思いませんか?

ペットのお墓・散骨のメモリアル大洋は火葬後のご遺骨について以下2点に着手します。

  • 「メモリアルクリスタル」の制作
    選別した白いご遺骨を「手元供養墓」という手のひらサイズのお墓を制作致します。
  • 散骨
    「メモリアルクリスタル」でおさめた残りのご遺骨を関門海峡(かんもんかいきょう※本州の山口県下関市と九州の福岡県北九州市を隔てる海峡)へ散骨致します。
大好きだったペットを大自然に還したい
事情によりお墓を建てることができない。
あるいは墓じまいせざるを得ない
ペットのご供養に散骨をご検討頂いているご家族の方々、ぜひご相談下さい。メモリアル大洋 ではこのようなご要望にお応えすべく、末永く心のこもった供養を続けて頂ける環境を提供しております。

葬礼の詳細は、以下の画像をクリックにてお調べ頂けます。

パトロール隊より一言
パトロール隊より一言

メモリアル大洋では基本、「ペット火葬」を終えた後から業務を提供することとなります。通常の葬儀会社の場合は「ペット火葬」ののちお祈り、そして「ペット霊園」へ埋葬となりますが、こちらの葬儀会社では、「ペットとの思い出」をより一層重んじ、ずっとその思い出と共に生きていきたいと願う方に向いているのではないかと思います。思い出を肌身離さずにいられるよう「メモリアルクリスタル」がありますし、散骨された関門海峡へのお参りは毎年欠かさないという方が非常に多いとのことです。近くにあるペット霊園へのお参りよりも関門海峡という広大な海でのお参りは、亡きペットへの想いがこもったお祈りができるのだとか。

ギャラリー

メモリアルクリスタル_【メモリアル大洋】サイトより画像引用
メモリアル大洋のサービスを利用してみた!
筆者が飼っている愛猫なのですがひと月半前に、猫白血病という病気で残念ながらこの世を去りました。
まだ1歳でいろいろなことに興味津々。その振る舞いがとても可愛いらしい猫が。これから・・・という時に突然の死。
一緒に過ごした日々の思い出を大切にしたく、関門海峡への「散骨」と、掌サイズの手元供養墓「クリスタルメモリアル」の制作を依頼。 

対応も大変親切で、「ここなら任せられる」と率直に感じました。 

先日、「クリスタルメモリアル」が送られてきましたので、以下に写真をアップロードします。 

小さいながらも重厚感と輝きがあり、細部にまで気を配られていることが伺えます。お骨が収められている小さなガラス球体も素敵なフォルムです。これで、きっとあの子も安心して眠っていることでしょう。私も大変満足です。

散骨が完了次第、その時の様子のスナップ写真も掲載予定です。

オススメ・厳選!「ふれあい」関連商品・サービス

認知症の早期発見・高齢者支援! 遠方に一人暮らしの親御さんが心配なご家族の方へ 口コミで話題の 【アイシル】のご案内

妊娠を目指す夫婦におすすめの葉酸サプリメント!妊活ステージごとの成分配合・定期配送が評判【plusus プラサス】

【国産姫マツタケ:ABPSサイトより画像引用「大きいと小さいはどっちが良い?」

【国産姫マツタケ:ABPS】サイトより画像引用

病に日々向き合う方・戦う方へぜひ!純国産 ヒメマツタケ ABPS (エービーピーエス) おすすめ・まとめ

【ペット葬儀110番】サイトより画像引用「いつかは訪れてしまう愛するペットとのお別れ」

【ペット葬儀110番】サイトより画像引用

ペットの死と葬儀・火葬。「段取り・費用・準備すべきもの・こと」。はじめて経験する方は知っておきたい4つのポイントと注意点

タイトルとURLをコピーしました