歯磨きがてらのケアはむしろ悪化?!口臭にお悩みの方におすすめ!胃からもケアする1か月集中の口腔ケアサプリ【スクラブレス】

口臭のある人が歯磨きをしても、約86%は口臭レベルが同じか、むしろ悪化する(鶴見大学歯学部付属病院 口腔機能診療科での調査結果より)

この調査結果を元に開発された製品が【スクラブレス】です。

↓ ↓ 詳細は ここをクリック ↓ ↓

「悪化」の根拠とは?

確かに、口臭がキツい人、いらっしゃいますよね。
もちろん、本人へ直接聞くことはしにくいですが、恐らくは本人なりに「歯磨き」、加えて、リステリンやモンダミン等、口を殺菌する液体製品を使用しているのかもしれません。
しかし、それが本当の解決策にはなっていないのかどうか・・・。その方の口臭は治る気配を感じさせません。

しかし、「悪化」とまでは言い過ぎでは?と筆者は感じました。それは、たとえケアが不足していたとしても、まったくケアをしないよりは「マシ」であるという考えの下です。

以下は前述の調査結果より抜き出し短くまとめたものです。

口臭がする人の多くは、口の奥に汚れがたまっています。よって、歯磨きをすると、その刺激で口の奥から汚れが出てくると考えられています。
—- 中略 —
口奥は食べかすや、上あごからの皮膚の剥離(タンパク質汚れ)がたまりやすい場所なので、歯磨きをしても、口奥はキレイにならず、菌が繁殖し口臭悪化の原因となります。特に舌苔や膿詮(臭い玉)として汚れが目立ちます。

・・・要するに、

  • 口臭の元となる汚れは「口奥」にあり、この場所は歯磨きではきれいにならない
  • 歯磨きによる「刺激」のせいで、汚れが奥から手前に出てくる

・・・これが、「悪化」原因であるとのこと。調査結果では、加えて「上あごの汚れ」も口臭の原因とし、

食べかすだけでなく、古い粘膜が剥離してタンパク質汚れとして毎日落下します。

と、明記しています。口臭の原因は、食べかすだけではない、という点に、少々ゾッとしました。
筆者自身も日々歯磨きは行なっており、口臭には気を付けていますが、それは「食べかすを除去する為」に行なってきたこと。
「古い粘膜が剥離」などと言われても正直、自覚できない部分です。
そう思うと、

もしかしたら私にも口臭があるのではないか? ・・・自分で気付けていないだけで。

という不安が付きまといました。

スクラブレス 詳細

スクラブレス は「日本製」。口の奥の口臭(汚れ)を「喉口臭」と名付け、「口臭」に特化した製品を世に送り出し、高い評価・支持を受けています。

スクラブレスによる口臭へのアプローチは、舌・上あご・喉等、口腔内だけではありません。
胃腸のことまで考えられて開発されています。

口臭ケアサプリメント【スクラブレス】商品本体画像
お口の汚れをスクラブする新発想【 スクラブレス 】

スクラブレスは錠剤。1パックで60粒入り。朝晩それぞれぞれ1回ずつの服用での1か月間集中ケアとなります。

働き盛りの年代。仕事の会話、雑談、昼食、飲み会。そして顧客との対面でのビジネストーク・商談等、人と人とが目と目を合わせ、比較的近い距離で言葉を交わさなくてはならない瞬間は、毎分・毎秒毎に訪れます。

口臭ケアに行き詰まりを感じている方には、特におすすめです。

スクラブレスと一般的な口臭サプリとの違いについて

通常は・・・「歯磨きの時に口臭ケアを」ととらえ、ブラッシングを念入りに行なったり、殺菌成分のある液体で口をゆすいだりという流れが、口臭の対策となると考えている方が大勢いるのではないでしょうか?

これら商品を覗いてみると、「歯のケア」と「口臭ケア」は全くの別物であることが伺えます。

口臭には「口臭」に特化した製品を。

・・・と、まずはご認識頂き、できるだけ早めの対策を、【スクラブレス】と共に取り組んで頂きたい。そう思っております。

そして、せっかく「口臭ケア」の大切さにお気づき頂いても、あきらかにPRありき、過剰な言葉のインパクトに頼っただけの「口臭対策」商品をお使い頂くわけにはいきません。

以下は、「口臭対策」をうたった他社のサプリとの比較表となります。
どうぞご参考下さい。

口臭ケアサプリメント【スクラブレス】と市販の他メーカーの口臭予防サプリとの違いの一覧表

【スクラブレス】
サイトより画像引用

お口の汚れをスクラブする新発想【 スクラブレス 】

先着500名限定の「モニター定期コース」のご案内

こちらは、【スクラブレス】の毎月先着500名限定のキャンペーンです。

口臭ケアサプリ【スクラブレス】の価格や注文時の特典についての説明図

【スクラブレス】
サイトより画像引用

もっと詳しくサービスを知りたい方は
↓ ↓ ここをクリック ↓ ↓

お口の汚れをスクラブする新発想【 スクラブレス 】

タイトルとURLをコピーしました