モニター動画とは?これからのマーケティングに不可欠なツール

動画は、娯楽を提供するだけでなく、ビジネスチャンスを生む為のツールとして定着しています。
何かモノを一つ売るだけでもそのPRに動画は付き物。今やマーケティング活動には欠かせません。

例えば、「黒毛和牛の牛肉を売りたい」と考えた時、「肉が焼かれている状況」や「”ジュー”っという、食欲をそそられるあの音」・・・等を「動画」で目と耳で捉えたとしたら、あなたはどう感じるでしょうか?

牛肉の写真が1枚だけ掲載されているよりも、あなたの心の「買いたいのスイッチ」が押される可能性・・それは格段に高くなるのではないでしょうか?
焼肉の写真(パトロール隊レビュー ブログ)

ウェブ動画の普及はブロードバンドの普及と端末の進化と共に

動画の歴史「撮影機器とフィルムのイラスト」(パトロール隊レビュー ブログ)
ここで少しだけ「動画の歴史」について触れておきます。
動画と言えば、今や誰もが知っているYouTube(ユーチューブ)ですよね。
2005年に設立し翌年2006年には検索大手Google(グーグル)の傘下に入りました。
娯楽、ビジネス、情報、報道等あらゆる分野の動画が集まる巨大にして最大の動画プラットフォームです。

実は動画そのものの歴史は古く、1995年頃からすでに存在していたと言われています。
多くは大学などの学術機関で利用。動画を使って資料映像をシェアする為に用いられていたようです。

2000年頃からブロードバンドが普及し始め、ウェブで動画を見る環境・機会が徐々に増えてきました。この頃に動画を画期的に利用したのがレコード会社とも言われています。

2001年にはインターネット回線に「定額制」が誕生。ソフトバンク社によるサービスを皮切りに、それまではネットを使うたびに課金される「従量制」から、使い放題が当たり前になるきっかけとなり、誰でも低料金で利用できるようになりました。

2005年にはYouTubeやギャオ(USEN)が誕生。これらは誰でも無料で動画を視聴できるシステムという理由から、次々とユーザーを獲得していきました。さらにニコニコ動画の参入が続きます。
これによりWEB動画が占めるトラフィックは、以前にもまして格段と大きくなっていきました。

WEB動画の広まりの要因は、インフラ整備と共にパソコンも普及したこと。そしてその後のスマートフォンやタブレット急激な普及。いつも手元にあるスマホやタブレットPCで、手軽にどこでもいつでもインターネットとつながっている環境が備わったことが大きいと言えるでしょう。

何故欠かせない?マーケティングツール=動画

ビジネススーツ姿の女性3名がオフィスにて1台のノートパソコンの画面を見つめている様子【イメージ画像】(パトロール隊レビュー ブログ)
動画(視聴)人口の莫大な増加を受け、早くからその影響力の高さに目を付け、動画を販売促進目的で発信する企業も見受けられるようになり、今ではマーケティングツールとしては欠かせない存在となっています。

売りたい商品、来てもらいたいお店、入会して頂きたいサービス etc・・・映像は文字や写真では伝えられないことが伝えられる手段。一方、文字や写真・イラストはどうなのか?
ではここで、映像との比較について簡単にまとめてみます。

商品やサービスの情報の理解・共感の喚起

映像の強みは、テキスト・写真・イラストだけでは伝えきれない情報・特徴等を伝えることができ、視聴者の欲求(「ウォンツ」~したい)をより強く刺激することができます。

  • 肉の焼ける音や映像・・・「食べたい」を刺激
  • 瓶ビールの栓を開ける・ジョッキへ注ぐ・泡立ちの様子等の映像や音・・・「飲みたい」を刺激

欲求への刺激と共に、理屈では語れない感情そのものへのアピールを実現することを可能にするツールもやはり動画(映像)です。

臨場感・信頼性の向上に寄与

現場の臨場感を伝えることで商品の魅力と理解を向上させること、また利用者の体験談や効果実証を、リアリティとともに伝えることも動画では可能となり、ユーザーの行動を喚起・促進につなげられます。

レビューの重要性を再度認識しよう!

Quality_Price_Satisfaction ・非常に影響を与える ・影響を与える ・どちらとも言えない ・あまり影響を与えない ・影響を与えない(円グラフ)【商品レビューの大切さ イメージ画像】(パトロール隊レビュー ブログ)
動画で伝えられる濃厚な情報、そして視聴者への共感の喚起。マーケティングツールとして今や動画活用が必須であることはお伝えの通り。しかし現状、多くの販促用動画において見られる傾向があります。それは、売り手の紹介・想い、商品・サービスの特徴等、売り手自身のメッセージ(だけ)を紹介することに重きを置いている点です。

お客様の評価

より販促効果を高める情報の一つとして忘れてはならないのがお客様の評価(商品レビュー、お客様の声)や口コミがあります。これらが商品購入を促す為の大きな後押しになることは間違いありません。

購入を迷う商品があった時に、クチコミやレビューを手軽に参照。購入者や商品ユーザーの意見を知ることが出来るので、自分の暮らしにも役立つかどうかの判断材料になります。

実際に購入・使用したユーザーが書くレビューは、販売者が書く商品説明や、専門家の解説よりも安心感を与えることができ、新規ユーザーのマッチングリスク意識の解消にも役立ちます。

レビューは、売り手の一方的な情報に「待った!」を掛け、商品・サービスの信憑性や信頼性を第三者目線で捉えたもの。もちろん様々な評価・意見こそあれ、この「待った!」が売り手にとっての大きな武器になり得るわけです。

そのことを再認識する必要があると共に、今注目すべきは「商品レビュー」と「動画」との組み合わせが重要であることです。これこそが、これからのマーケティングに欠かせない存在になることは間違いありません。

レビュアー、モニター獲得には手間やコストも

「お客様評価(商品レビュー)」。この情報を活かし動画の一つのコンテンツとして盛り込むこんでいる企業も見受けられますが、まだまだ主流ではありません。
「評価(レビュー)」はほとんどの場合が、商品やサービスの購入や契約等、諸手続きが完了した後の段階ということもある為、集まりにくかったり、必ずしも売り手が求めるレビュー内容でなかったり、「買ってよかったです」等の漠然とした感想だけだったりと、動画に載せ発信するまでには課題も多いことがあげられます。
また一気に多くのレビューを獲得する為に「モニター」を募る場合もありますが、手間やコスト、時間がかかることも少なくありません。

モニター動画制作はじめます

私たちは、商品・サービスを「モニター」利用した方の生の声(レビュー)に特化した動画制作をスタートします。

「商品・サービスの特徴」・「想い」等を訴求力のある動画の載せて発信する術を既に持っているとしても、購入を後押しする最大の要素である「レビュー」に注目した動画を発信する企業はなかなかお目にかかれません。

私たちは、Webマーケティングにおいて長年培ってきた技術と経験、そして人を集める力を持っています。
モニターの声に集中することで、濃いレビューでコンテンツ形成することができ、それにより今まで以上に商品・サービスの信憑性・信頼度を高めることができます。

また、フォロー体制も充実。動画を制作するだけで終わりではありません。
YouTubeへのアップロード作業やYouTube内でのキーワード対策、ホームページへの掲載やローンチ用のLP作成、SNSを駆使した拡散等、各種支援も行います。

キズナ企画があなたの商売繁盛を確実に後押しします!

モニター動画」を利用したマーケティング(販売促進・商品サービスの売り込み)に興味がある!・・・という企業様、店舗様、ぜひ以下のリンクより株式会社キズナ企画へご訪問下さい。

株式会社キズナ企画は、Web集客 経営コンサルタント 成果報酬型ホームページ制作に加え「モニター動画制作」も始動しました!これまでも、これからも企業様、店舗様の「商売繁盛」にかける想いをしっかりと受け止め、情熱を持ってお応え致します!
今後ともよろしくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました